スピリチュアルメッセージ from 寺尾夫美子

スピリチュアルヒーラー寺尾夫美子がお届けする導きからのメッセージ

サイキックコヒーレントの感想ご紹介

fumalhut72017-06-03

先月行われたまったく新しい遠隔ワーク「サイキックコヒーレント」へ、たくさんの感想をいただきました。
この回は感想をいただくのがお約束でさせていただいたので、メールボックスは感想メールで溢れています。
感想を書く時間も体験をまとめる労力も、皆様の貴重なエネルギーを使っていただくことでしたが、どなたも誠実に応えて下さいました。
私にとって、この遠隔ワークは、長年の基本があるにせよ、多数の人達に一斉に送信するのは初めてのことで、ちゃんと届いたのか体験はあったのか、とても気になるところでした。
ただ、送信中の感覚ときたら、それはそれはとてつもないエネルギーに包まれて、とても壮大なワークでしたので、間違いなくやり遂げた感はありました。
また、受信して下さった皆様が、今後どのように変わって行くのか、更に楽しみなことでもあります。
さて、今回初お披露目しました「サイキックコヒーレント」を、ヒーリングだと思っておられる方が多いようですが、まったくヒーリングとは違う波動によるワークです。
数日前のブログでも書きましたが、皆様のハイヤーセルフとの波動的ワークであり、心や肉体を癒やすヒーリングとは根本的に違います。
まだこの波動レベルのワークに前例がないため、具体的に説明しても理解されるのは難しいのかなと思います。
とにかく、体験してみることです。
そして、各人それぞれの体感に注意深くあることでしょうか。

以下に、皆様からいただいた感想をご紹介します。

=======================================


●匿名さま
スピリチュアルに関係するワークに参加させて頂くのはこれが初めてでしたので、とてもわくわくと心躍る体験となりました。

出来るだけ効果的に波動を受けたくありましたので、21時に就寝、何故か一旦22時に目が覚めました。

今思えば、22時から本格的にサイキックコヒーレントを流されたとの事ですので、波動の変化に反応し、目が覚めたのではなかったのかなと、少し自分に都合良く考えております。

またすぐに眠ってしまったのですが、もしそのまま起きていたとしたら、何かもっと体験もあったのかなというのも興味の残る所でした。

翌日は軽い頭痛と、のぼせの様な状態になりました。なのですが、不思議とすっきりと頭の中は冴えていて、クリアな感覚があり、その日は24時を過ぎても眠くはなりませんでした。
今現在も、冴えてクリアな感覚は続いています。

他に分かる感覚として、特に足の裏のあたりがずっと何かがぐるぐると回っていて、じわじわとしています。掌や他の身体の部分もそうですが、足の裏の感覚の方がひときわ強いです。

それからこれはどうなのか私には分かりませんが、遠隔サイキックコヒーレントを申し込んでもいない夫の方が、翌日水分を摂ったり、眠いと言って何時間も昼寝をしたりと、だるい様子でした。

「マラソン遠隔ワーク:サイキックコヒーレント」にも参加させて頂きます。今度は自身に起きる、心理面、身体面の変化を体験、観察し、じっくりと楽しみたいと思っております。

この度は貴重なワークをご提供下さり、参加体験させて頂けました事、大変幸せに、嬉しく感じております。夫美子さんはじめ、スタッフの皆さまに心よりの感謝を申し上げます。
=======================================
夫美子>
ご主人に波動連鎖が起こったのは、受信者である匿名さまの受信状態が大変良かったからだろうと思われます。
スクールでは「存在としてのヒーラーとなること」を目的のひとつとして上げていますが、匿名さまは「サイキックコヒーレント」受信によって、まさしく存在としてのヒーラー能力を開放されたのではないでしょうか。
ラソンで継続受信されると、能力の安定と向上が図られることと思います。
どうぞお楽しみに!
=======================================



● DY さん
先日は、サイキックコヒーレント遠隔ワークに参加させていただき、ありがとうございました。
当日は、寝室で部屋の電気を消し、横になって目をつぶった状態で参加させて頂きました。
スタンバイが開始時間(21:45)の直前になってしまったことや、当日は喉の調子が悪く咳き込む感じがあったため、少し落ち着かない状態でのスタートとなってしまいましたが、まず最初に感じたことは、頭が何かに働きかけられているような感覚でした。頭のあたりが何かモワモワしているような・・・
これって、遠隔ワークの影響なのかな・・?など思いつつ、しばらくその感覚を感じていると、ある瞬間、パカーンという音とともに(実際そんな音が聞こえたわけではないのですが、感覚としてはそんな感じでした)頭の中の何かが切り替わって、自分の前の空間が開け、その空間に自分がいるような感覚になりました。
(空間の大きさはそれほど大きくはなく、薄暗い様子でした)
そのうち、その空間の様子が今いる自分の部屋の感じと似ているような気がしてきて、「あれ?もしかして私、薄目を開けてしまっている??」と、目を開けているのか開けていないのか区別がつかないような不思議な感覚になりました。(実際に目に力を入れて確かめてみたところ、ちゃんと目はつぶっていました)
そんなことを感じているうちに、今度は、白くてもやもやしたものが現れてきて、それが小さなオーロラのようにゆらゆら揺れているような映像(とういうほど鮮明ではないですが…)が見えたように感じました。
その後も何か感じられるかな?としばらくまどろんでいましたが、そろそろ時間かもと思い時計を見ると、22:25くらいになっていました。

今回、こちらのワークに参加させて頂く前までは、私にも何か感じることができるだろうか…?と少し不安な気持ちがありましたが、私にもサイキックコヒーレントのパワーを多少なりとも感じ取ることができたようで、嬉しく思いました。

本当に貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。

次回もぜひ参加させて頂きたい!と思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
=======================================
夫美子>
「目を閉じているに開いているかのようにハッキリと見える」とたくさんの方が感想に書かれていました。
体験者第1号の我が夫も、一番最初にそのように申しておりました。
これは、私が覚醒前からよく体験していたことです。
魂の能力が高まってくると、いずれこれは日常になり、更に見るか見ないか選べるようになります。
サイキックにコヒーレントしましたね。
=======================================

皆様、感想をありがとうございました。
また追って他の方のご感想を紹介させていただきます。
合掌。







=======================================
新ワーク開放記念【有料一斉マラソン遠隔サイキックコヒーレント】
6月21日(水)夏至からスタート 【全7回】 
時間:pm10:00を挟んで15分〜20分(地上時間の約60分前後)

*全7回を、各単発でもお申し込みが出来ます。
 お申し込みサイトからマラソン/単発を選びお申し込み下さい。
http://peatix.com/group/53338/view
=======================================



↓良かったら応援のクリックをお願いします。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

日記・ブログランキング


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 「リアライズウォーク合宿ワークショップ in 八ヶ岳
 ■7月1日(土)〜4日(火) 【3泊4日】
〜魂が持つ最大の可能性を生きるために〜
http://www.fumalhut.com/seminar/realize-walk/yatsugatake/index.html


 ベーシッククラス1 
〜自分自身のヒーラーになる〜〜
 ■7月9日(日) 東京都世田谷区開催

 *何れもお申し込みは公式サイトからお願い致します。
http://www.fumalhut.com/seminar/fulfill_seminar/basic.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 寺尾夫美子特別講座 「美しい生き方講座」
 第3回:6月13日(火) 19時〜19時50分
 人として、どのように生きることが魂のハーモニーを生み出すのか、
 美しく生きることによって起こる人生のミラクルを作動させよう!
*お申し込み
http://ptix.co/2mo6jwU

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■フムアルフートブログ『上用賀便り』 http://d.hatena.ne.jp/kamiyogadayori/
スクール/ワークショップ情報と寺尾夫美子の自由日記

■「フムアルフートスピリチュアルスクール便り」
  アシスタントチームが綴るブログ始まりました。
 http://ameblo.jp/fah-spiritualschool/

■寺尾夫美子の著書  http://www.fumalhut.com/books/index.html
「オーラレッスン」〜魂の目的を生きる

■フムアルフート 寺尾夫美子 公式サイト http://www.fumalhut.com/index.html