スピリチュアルメッセージ from 寺尾夫美子

スピリチュアルヒーラー寺尾夫美子がお届けする導きからのメッセージ

流れを異にする道

fumalhut72011-03-07

波動上昇の流れは速く、既に方向を異にした二つの流れにはその差がどんどん広がっています。

例えば、一つの川をたくさんのボートに乗って出発したとしましょう。
ゆったりと流れる川は、次第に流れが変わります。
どんどんと流れが速くなり始め、大きな川幅の半分は、益々加速しています。
もう半分の方は、次第に流れが安定し、ゆっくりと速度を落とし始めます。
それは、その先で、川が二つに分かれて行くからです。
一つの流れは、太い本流となって、更にその先へ続く大河へ合流するため、分岐に近づくほどにスピードが増してきます。
片方の流れは、大河へは進まず、支流となって進み、次第に先は狭くなります。
今は一つの川に見えていても、大河へ進む半分の流れは、どんどんスピードを増して、そちらへ流れるボートは、益々加速しています。
この二つの流れは、ある時を境に、本格的に別れ始め、これまで平行して流れていたボート達は、だんだんと離れ始めています。
離れ始める前までは、あっちのボート、こっちのボートと、隣り合わせのボートからボートへ、乗り換える人もありました。
しかし、今は既に隣にいても速度が違うため、乗り換えは簡単ではありません。
その速度の違いは、平行していたときに比べると桁違いに差があり、遅い方のボートから飛び移るにはそれなりの覚悟とパワーをもってしなければなりません。
それでも、意を決して飛び移るなら、今、まだ、チャンスは残されています。
この先、流れはくっきりと別れ、ボート達の距離もどんどん開いていきます。
もうそうなったら、飛び移ることは殆ど不可能になります。
ただ、近くを流れているからと言っても、速度の違いは歴然としていて、向かう先の違いがはっきりとしています。
そして、距離が離れれば離れるほど、それぞれの進む方向に互いが感心を示すことはなくなるでしょう。
もう、世界がまったく異なっていること、それぞれには無関係のこととなるのです。


私達は今、魂達の選択によって、新しい波動の世界へ進む人と、このままの次元に留まる人との住み分けが終わっています。
その住み分けは、既にずっと前から始まっていて、それが、たとえに上げたボートに乗ること。
大河とは、次元を上昇し、新しい次元の地球へ進むことを選んだ魂達の向かうところ。
支流とは、新しい次元への成長を断念し、このままの次元での転生を繰り返す道のこと。

最後のチャンスは、今、まさに今。
2月の内なる解放を促す劇的な光の放射によって、魂の成長を阻む心の問題を次々に見せられたはず。
その問題を直視し、ネガティブなエゴをとことん捨て去り、成長を拒む恐れを克服し、魂本来の純粋で清らかな自分を保とうと、懸命に取り組んだ人にだけ許されたチャンスです。
今、気がついていることがあれば、目を反らさず、しっかりと見つめ、心の奥底まで掘り下げ、魂が打ち震える感動まで辿り着きましょう。

魂の選択とは、体全部で感じられることです。
思考を駆使して、あーでもないこーでもないと考えたあげく、理論だけを構築して形作られる考え方ではありません。
魂の選択が為されたときには、私達の肉体は純粋な愛に包まれ、愛が細胞の隅々まで行き渡り、絵も言えぬ感動と喜びで、目からは涙が溢れ、唇は震え、心臓が祝福のチャイムを打ち鳴らすかのように脈打つのです。
愛には、一部の狂いもなく、体のすべてを喜びで満たすだけの力があります。
天に舞い上がるような、幸せで躍動的で、叫びたくなるような、心の奥底からの喜びがあるのです。

時に、愛は、これが恐れで隠されたとき、この全くの逆の体感があります。
体は硬直し、心は一点に留まり、涙一つ流れ出ず、冷静沈着かに見え、しかし、体では何の体感もないのがその証拠です。
何かに納得したと思ったとき、全身で心地よく安心感が得られないとしたら、それは試行錯誤のなれの果て、単なるジャッジでしかないのです。
ジャッジには、自分が不在です。自分の体感がありません。
殆どすべてが、人を決めつけ、状況を判断し、問題の原因に自分は介在していない考え方です。
常識とルールが、あなたの代わりに問題を決めつけてくれます。
この繰り返しで選んできた道は、ゆっくりと支流へと向かい、あなたを運んで行きます。
残された時間はわずか。
軌道修正をするなら春まで。
恐れに捕まる心の弱さ、可能性にチャレンジする意志の小ささ、思いを実行に移す行動力のなさ、その全部を片付けるには、あまりに時間が少なすぎます。
それだけに、もし、今、決意をしたなら、残されたテーマをこなせるだけの体験がもたらされるでしょう。
支流へと向かう方向を転換し、本流へと向かう仲間達のボートに追いつくには、時間が経てば経つほど困難になります。
しかし、今なら、まだ間に合います。
魂が何故この時代に生まれてきたのか、今、もう一度心に問いましょう。
可能性を生きるために、チャンスを手にしたはずです。
合掌。



■魂の転生を語る寺尾夫美子の新刊 2010年1月9日発売! 
「オーラレッスン」〜魂の目的を生きるために〜  (河出書房新社

■寺尾夫美子公式サイト  フム アル フート「スピリチュアルヒーリング」スクールとセッション
http://www.fumalhut.com/
■フムアルフートブログ『上用賀便り』スクール/ワークショップ情報と寺尾夫美子の自由日記
http://d.hatena.ne.jp/kamiyogadayori/