スピリチュアルメッセージ from 寺尾夫美子

スピリチュアルヒーラー寺尾夫美子がお届けする導きからのメッセージ

自己実現の秘訣

fumalhut72008-04-19

思い通りに行かないと嘆く人に共通しているものを感じます。
それは、諦めていること。

何もしない前から、可能性を見ていないのです。
確かに、大きな目標を達成するには、何日何ヶ月何年と、多くの時間がかかります。それを思うと、目標があまりに遠くて、遠いぶんだけ可能性が薄いかのように感じてしまうのも人情でしょう。

でも、目標を達成する人は、何日何ヶ月何年かかるのでも、それだけやれば達成するのかと考えます。だから、まずはその一歩目を直ぐに歩み始めます。長くかかるのだから一日でも早く始めることが、一日でも早く達成する秘訣です。

よくクラスの生徒さんが、私がいとも簡単にエネルギーを感じ分けたりメッセージを受け取ったりするのを見て、自分には無理だ・・・みたいなことをこぼされます。無理ではありません。私に出来たのですから、誰にでもできるはずです。

ただ、私と同じだけやるつもりでいて下さいと言うと、もうその年月を思うだけで諦めてしまう人がいます。
そんなとき、“あれっ”て驚きます。
だって、やればできる方法を教えてもらって、いつまでどのくらいやれば良いかも教えてもらっているのに、もう諦めている。もったいなくないですか?せっかく生まれてきたのに。

毎日の積み重ねなど、習慣にしてしまえばあっという間です。続けられるように工夫して、自分のやり方を見つけましょう。
毎日ちょこちょこっとやるだけで、とにかく続けるとどうにかなることはたくさんあります。諦めないで続けましょう。

さて、大事なのはそこからです。
では、可能性がないと感じるときに、それでも諦められないときはどうするのか?
思いつくことを全部やってみること。

私は、人が“思いつく”という源には、必ず魂からのメッセージが込められていると考えています。ただ、思いつくからと言ってめくらめっぽうにやるのではなく、それを考えたときに深く呼吸が入り心地よい感じがすることを選びます。
大きなチャレンジで、エネルギーがたくさん要るときには、深呼吸と共に心臓がドキドキする場合もあります。急に汗をかくときもあります。
トラブルが絡みそうな場合は、血の気が引く感じがするとか、自分にしか分からない体の反応があります。それをたくさん覚えておくこと。上手く行ったときの、最初の深呼吸の感じをしっかりと記憶しておくのです。

そうやって実行したことは、たとえ結果が目的と違っていても、そのプロセスが財産となり、納得のいくこととなるでしょう。
諦めなかったことが、自分へのご褒美にもなるはずです。

今年、2008年は、総ての魂にとって「初めてのこと」が多くなる年です。
新しい第一歩が、上手く行くのか困難が待ち受けているのか、しっかりと深呼吸して、そして自分だけの第一歩を歩み始めましょう。



自己実現のワークショップ <リアライズウォーク>http://www.fumalhut.com/seminar/realize-walk/index.html
フムアルフート公式サイト http://www.fumalhut.com/