スピリチュアルメッセージ from 寺尾夫美子

スピリチュアルヒーラー寺尾夫美子がお届けする導きからのメッセージ

スピリチュアルヒーリング

ヒーリングを始めた頃、エネルギーワークで皆さんが元気になったり表情が明るくなるのは、乏しくなっていたエネルギーがチャージされ、バランスが整うからだと考えていました。
たった一回のセッションで、顔の色まで明るくなり、オーラがピカピカになって、本当にヒーリングって凄いな〜と思っていたものです。

霊障について勉強するにつれて、私が行っていたセッションは、単なるエネルギーワークだけでなく、霊的な障害を取り除いていたことが分かるようになりました。
生まれつきの霊媒体質だったことが、自覚のないままに霊障と対峙させられていたのでした。しかも、強烈な霊障の場合は、その障害を代替わりして、自らのセルフヒーリングでどうにか取り除いていたことも、後になって分かりました。

いつも同じようにヒーリングしているのに、劇的な変化があるときと、単にリラックスされたときと、何が違うのか、始めた当時の私には理解できませんでした。
数年かけて様々な霊的な体験をこなしていくうちに、ヒーリングと霊障が切り離せないことなのだと理解しました。

サイキックな霊媒体質でない方にとっては、ヒーリングは単なるリラクゼーションです。
エネルギーを供給しバランスを整えると、心安らかにくつろいだときの波動に調整することが可能です。これは、いわゆる一般にヒーリングと言われるのと同じで、ストレスを回避しリラックスを促す行為。アロマや森林浴でも同じ効果が得られます。
つまり、サイキックで霊媒体質でないヒーラーが施すヒーリングは、森林浴やアルマと同様に緊張を解く効果のみなのです。
勿論、リラックスを促すだけでも立派なヒーリングです。それで免疫力がアップしたり、冷えが改善されたりする力があるのですから、エネルギー調整が得意なヒーラーも大事な存在です。

レーニングを積んでいない霊媒体質のヒーラーは大変です。かつての私がそうだったように、持ち込まれる負のエネルギーを引き受け、数日間かけて浄化していくことになってしまいます。本人が望まない浄化行為を、自覚なく引き受けてしまうのです。

私が霊障について勉強しようと考えたのは、とにかく何か変だったからです。
急に顔色が悪くなったり、いきなり老け込んで疲れた顔になったかと思うと、次の瞬間にはパッともとの明るい表情に戻る。まるで体に電気のスイッチがついているかのように、電気が付いたり消えたりするような、不気味な体験がある時から始まりました。
ひどい霊障の方がクラスに通われるようになり、常時不浄のエネルギーにさらされているのに、自覚も手段もなく知識を持たないときのことでした。

今から思うと何でもないことですが、当時は不思議で仕方なく、いったい何が起こっているのか答えを探して友達のセラピストを訪ねたものです。
しかしどこでも納得のゆく答えを得たことはなく、現在指導を頂いている霊能者の先生に出会うまで様々な体験を積むことになるのです。

たくさんの経験をしたことによって、先生のおっしゃることがすぐに深く理解できました。それ以上に、ヒーリングの範囲の広さが経験から分かりました。軽い霊障から祖先の深い霊障まで、どのように取り組めばよいのか、障害に見舞われている方への指導方法まで、自らの導き手と共に構築できるようになったのです。

そして思うことは、体の不調の殆どが霊障に始まっていること。
単なる睡眠不足や栄養不良は、それを止めればあっという間に改善されます。それだけ人間には強い生命力があり、少々のことでは急に老け込んだりしないのです。
そう言う意味で、スピリチュアルヒーラーなら、霊障もきちんと取り扱えなければならないと考えています。合掌。




寺尾夫美子のスピリチュアルヒーリング 個人セッションとクラス・ワークショップ
公式サイト フムアルフート 心・からだ・精神の総合ヒーリング http://www.fumalhut.com/top.html